キモカワ赤ちゃんハリモグラの写真7枚

Primary tabs

スポンサーリンク

ハリモグラ

ハリモグラ (針土竜、Tachyglossus aculeatus) は、現存している原獣亜綱カモノハシ目ハリモグラ科の4種のうちの1種であり、ハリモグラ属 Tachyglossus の唯一の種である。ハリモグラは背面がトゲで覆われている。また特有の吻と特化した舌を持ち、それを使い獲物であるアリやシロアリを素早く捕らえる。現存している他の単孔類であるカモノハシやミユビハリモグラ属のように、ハリモグラも卵を産み、メスは子育ての期間にのみ育児嚢を発達させ、母乳で子供を育てる。

ハリモグラはオーストラリアに広く自然分布する。また、ニューギニア島南西部の高地および海岸地帯に分布している。絶滅の危機にはないが、狩猟や生息地の開発などの人間活動、移入種や寄生虫などにより、オーストラリアのハリモグラの分布域は減少しつつある。

関連コンテンツ

ランダム画像

関連記事